Online since 1998

msvcr80.dllの無料ダウンロード

 

msvcr80.dll

ファイルの仕様-

ファイルの概要

Microsoft® C Runtime Library

  • バージョン: 8.0.50727.42 64bit
  • ファイルサイズ: 0.34 Mb
  • ファイルの言語: English - United States
評価: 3.77 2660 投票

他のバージョン (3)=

ファイルバージョンファイルの言語ファイルサイズ 
8.0.50727.42 64bit English - United States 0.34 Mb
ダウンロード>
8.0.50727.42 32bit English - United States 0.3 Mb
ダウンロード>
8.0.50727.762 32bit English - United States 0.3 Mb
ダウンロード>

msvcr80.dllをインストールする方法=

msvcr80.dll Fixerの使用

  1. msvcr80.dll Fixerをダウンロードしてください。
  2. ダウンロード済みのdffsetup-msvcr80.exeファイルを実行してください。
  3. インストールが終了するのをお待ちください。
  4. インストール終了後、Fixerが自動的に起動します。(旧式のコンピューターの場合、数分かかることがあります)もしパソコンにセキュリティソフトウェアが設定されている場合(Comodo、 ESET、 Norton 等)、DLL-files Fixerがインターネットに接続しようとしている、コンピューターに変更を加えるといった警告を受け取ることがあります。これは、Fixerが適切なmsvcr80.dllファイルをダウンロードし、Windowsシステムフォルダー内にインストールし、Windowsレジストリに変更を加えるため、弊社のサーバーに接続する必要があるためです。あなたは、Fixerがこれらの変更を行うのを許可する必要があります。さもなければ、問題が解決されないかもしれません。
  5. Fixerを使って msvcr80.dll をコンピューターにインストールすると、msvcr80.dllに関連するエラーがなくなることを期待できます。更なるエラー検知のためにコンピューターをスキャンするという選択肢が与えられるので、そのようにされることをお勧めします。Fixerの試用版では、検知した15個までの追加のエラーを修正します。その後、わずか$29.95で完全版にアップグレードすることで、無制限のエラー修正およびDLLファイルのダウンロードを手に入れることができます。

ZIPファイルの使用(上級ユーザー向け)

msvcr80.zipをダウンロードしてください。

msvcr80.zipから msvcr80.dll を抽出してください。msvcr80.dllを依頼するプログラムのインストール先ディレクトリーにmsvcr80.dllを抽出することを推奨します。

それが上手く行かない場合は、msvcr80.dllを直接システムに取り込んでください。デフォルトでは、次の場所となります:

  • C:\Windows\System (Windows 95/98/Me)
  • C:\WINNT\System32 (Windows NT/2000)
  • C:\Windows\System32 (Windows XP, Vista, 7)

Windowsの64ビット版をご利用の場合、msvcr80.dllはC:\Windows\SysWOW64\に置いてください。

既存のファイルがある場合は必ず上書きするようにしてください。(ただし、オリジナルファイルのバックアップをお取りください。)

コンピュータを再起動してください。

まだ問題が解決しない場合は、以下をお試しください:

  1. Windowsスタートメニューを開き、“起動…”を選択します
  2. CMDとタイプし、Enterを押してください。(Windows MEをお使いの場合は、COMMAND)とタイプしてください。)
  3. regsvr32 msvcr80.dllとタイプし、Enterを押してください。

DLL-files.comのWikiコンテンツ=

Edit this wiki page

The msvcr80.dll file is a module connected to "Microsoft Visual Studio 2005". In order for "Microsoft Visual Studio 2005" to function properly the msvcr80.dll is needed. The file is also used by applications that in some way are connected or authored by "Microsoft Visual Studio 2005".

The most common occurring error messages caused by problems with msvcr80.dll:

• "Msvcr80.dll Not Found."

• "This application failed to start because msvcr80.dll was not found. Re-installing the application may fix this problem."

• "Cannot find [PATH]\msvcr80.dll."

• "The file msvcr80.dll is missing."

• "Cannot start [APPLICATION]. A required component is missing: msvcr80.dll. Please install [APPLICATION] again."

Errors related to msvcr80.dll can arise from many different situations. For instance a faulty application, deleted or moved file, malware or damaged registry.

Errors related to the msvcr80.dll file can possibly occur in all of the different versions of "Microsoft Windows" operating systems. The universal solution is to download and re-install a new copy of the msvcr80.dll file.


CURRENT ISSUE 24/01/2014 A recent iTunes update has caused errors related to this file. For some, simply replacing it has worked, which can easily be done with our Fixer software. For many a complete uninstall/reinstall of all Apple products has solved the issue. A definite solution has not yet been proposed by Apple. We will try to update this with fresh info as soon as we get it! Regards - DLL-Files.com Support

29/01/2014 Apple have come out with an official suggested solution to the iTunes update error, related to msvcr80.dll, which is largely similar to what we have proposed earlier. Uninstall all Apple components and then reinstall iTunes. In addition, some have found that removing the specific file QTMovie.dll from the iTunes folder prior to uninstall helps. Complete post available here: http://support.apple.com/kb/TS5376 Regards - DLL-Files.com Support

ウェブサイトのコンテンツやdllファイルのコレクション全体(“コレクション著作権”管理下)は著作権法によって保護されています。 1998-2014